スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←念願のアドベントツリー →最近息子といるのが楽しい!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事一覧  3kaku_s_L.png fun day
記事一覧  3kaku_s_L.png meals and sweets
記事一覧  3kaku_s_L.png gardening
記事一覧  3kaku_s_L.png my husband
記事一覧  3kaku_s_L.png my son
記事一覧  3kaku_s_L.png family
記事一覧  3kaku_s_L.png happy shopping
記事一覧  3kaku_s_L.png happy reading
記事一覧  3kaku_s_L.png handcraft
記事一覧  3kaku_s_L.png lovehome
記事一覧  3kaku_s_L.png movies
記事一覧  3kaku_s_L.png medaka
記事一覧  3kaku_s_L.png myself
記事一覧  3kaku_s_L.png miscellaneous
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

happy reading

「ヒロシマ 消えた鳥屋町」

 ←念願のアドベントツリー →最近息子といるのが楽しい!!
ヒロシマ消えた鳥屋町―81才の追憶ヒロシマ消えた鳥屋町―81才の追憶
(2009/02)
寺西 正子

商品詳細を見る


言うまでもなく、最近の私の読んだ本は
ほとんど全てそうですが...

移動図書館で借りた本。

友人がこの前読んだそうで
「感慨深い」と言っていたので
即借りました。

原爆ドームの近く、爆心地の近くに
鳥屋町というところがあったそう。

今ほどものが豊か(氾濫?)じゃないけど
人々の人情が厚く、繋がりが深かった時代。

戦争の色が濃くなるまでは
普通の生活があった。
   当り前だけど、原爆が落ちるまで
   どのようだったか考えたこともなくて...。


けど、戦争がはじまり、
生活がどんどん変わり、
原爆が落ちて焦土と化した。

今は鳥屋町というところはない。

原爆というのは、そのときだけでなく
今なおその後遺症で苦しんでいる人がいるほど
威力が強い。

こういう本を世界中の人みんなに
読んでもらいたい。

そして改めて、戦争や、核について考えて欲しい。

そして、また著者のお母様にも感服する。

我が子、家族ははもちろんのこと、
他者に対しても思いやりの深いこと。

母って、こういうものなのかぁ。

とても素晴らしいお母様です。

スポンサーサイト


記事一覧  3kaku_s_L.png fun day
記事一覧  3kaku_s_L.png meals and sweets
記事一覧  3kaku_s_L.png gardening
記事一覧  3kaku_s_L.png my husband
記事一覧  3kaku_s_L.png my son
記事一覧  3kaku_s_L.png family
記事一覧  3kaku_s_L.png happy shopping
記事一覧  3kaku_s_L.png happy reading
記事一覧  3kaku_s_L.png handcraft
記事一覧  3kaku_s_L.png lovehome
記事一覧  3kaku_s_L.png movies
記事一覧  3kaku_s_L.png medaka
記事一覧  3kaku_s_L.png myself
記事一覧  3kaku_s_L.png miscellaneous

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【念願のアドベントツリー】へ
  • 【最近息子といるのが楽しい!!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。